社長挨拶  
  自分の足によくなじんだ靴、手になじんだ道具、大切に大切に使い込んだパートナーです。車も全く同じではないでしょうか?
しかし、残念なことに形あるものはすべからく古くなり、そして惜しまれつつその寿命を全うしていきます。当然オーナーであるあなたは、あなたのパートナーにいつまでも健康で、長生きしてほしいことを願っているに違いありません。
車は調度品ではありません。走ってこそ価値があり、そして走らせてこそ楽しい。そしていつまでも自分も車もお互いベストなコンディ ションでつきあっていきたいものです。
私たちは考えます。一人ひとりのオーナーの車に対する思い。それは人生のパートナーに対する愛情に他ならないと。 そして古い車を大切に乗っている方とお会いするたびに、私たちの方がいつも感激し、とてもうれしくなってしまうのです。 技術がなければ、車の整備、修理はできません。まして、それが古い車であれば、多くの経験と知識が必要です。しかし、オーナーの思いとその車への理解そして情熱がなければどんな技術や知識もむなしいものです。そして古い車を乗り続けていくことは、使い捨て型の消費社会へのアンチテーゼでもあるのです。「そろそろ買い換えた方がいいですよ」オーナーの気持ちを考えると、このようなパートナーへの死刑宣告をどうして口にすることができるでしょうか?
「整備」「修理」は私たちの仕事の一つの側面にすぎません。私たちはあなたとあなたのパートナーの架け橋でありたいのです。
 


 
         
Copyright(C) 2004 B'sGARAGE inc. ALL Rights Reserved
サイトマップ